お知らせNEWS

プレスリリース

令和4年度信州環境カレッジ講座募集説明会の動画について

令和4年3月25()にオンラインにより、令和4年度の講座募集について説明会を行いました。

当日の説明内容は動画として下記のURLから視聴できますので、ご参加できなかった方等はよろしければご視聴ください。

なお、当日の説明の際、学校講座の経費補助の対象となる時期について、説明資料で「令和4年5月から令和5年2月まで」としましたが、正しくは「令和4年4月から令和5年2月まで」となります。

https://youtu.be/fNhjv4b-5ao

プレスリリース

令和4年度講座募集説明会の開催について

信州環境カレッジの令和4年度講座募集の説明会を下記のとおり行います。

地域講座の募集期間の見直しなど、いくつか変更点がありますのでぜひご参加ください。

なお、当日ご参加できない方については、後日アーカイブ動画のご案内を予定しています。

1 日  時 令和4325() 13301430

2 開催方法 オンライン(ZOOM)

3 内  容

(1)令和4年度の講座募集について

(2)質疑応答

4 参加URL 下記の通り 

https://us06web.zoom.us/j/89379225908?pwd=UnJJSWU5S3puMzV1aG40cUtLdjl3QT09

ミーティングID: 893 7922 5908

パスコード: 888994

5 留意事項

・事前申し込みは不要です

・開始10分前(1320分)に参加してください。

・参加時には、マイクオフ、ビデオオフでお願いします。

 

ご不明な点は、事務局までお問い合わせください。

プレスリリース

「信州環境カレッジ」交流会の開催方法の変更について

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、信州環境カレッジ交流会「よりよい学校講座の提供に向けて」については、オンライン開催とします。

参加者される方は、別紙1により令和4114日(金)までに運営事務局あてご連絡をお願いします。参加申込をいただいた方については、後日参加アドレスをお送りします。

1 日時 令和4119() 1330分~15

2 開催方法 オンライン(ZOOM)

3 内容

・講演「SDGsと子どもの自然体験」 講師:信州大学特任教授 渡辺隆一氏

・話題提供「これからの授業で求められるもの~教えるから学ぶへ~」 講師:長野県教育委員会 学びの改革支援課

・意見交換 

プレスリリース

国際学生ゼロカーボン会議の開催について

気候変動や環境問題に関心のある長野県内の学生及び世界中の学生が集まり、意見交換を行う「国際学生ゼロカーボン会議」を下記の通り開催します。

会議はオンラインイベントとして開催します。気候変動、サーキュラーエコノミー、マイクロプラスチック、森林資源という4つのテーマに分けて、世界中から専門家と学生のプレゼンテーションが行われます。

使用言語は英語ですが、同時通訳があります。ぜひご参加ください。

1 開催日時 2022年2月22日(火)~25日(金) 17:00~19:00

2 スケジュール

○2月22日(火) Topic1:気候変動

○2月23日(水) Topic2:サーキュラーエコノミー

○2月24日(木) Topic3:マイクロプラスチック

○2月25日(金) Topic4:森林資源

3 視聴申込

  視聴は無料ですが、視聴する場合は事前申込をお願いします。会議の詳細及び申込は、こちらから。

 

 

プレスリリース

「信州環境カレッジ」交流会のお知らせ

この度、信州環境カレッジ交流会「よりよい学校講座の提供に向けて」を下記の通り開催しますので、信州環境カレッジに講座を登録している方、これから登録してみたい方、学校講座への講座を企画している方など、どうぞご参加ください。

参加者される方は、別紙1により令和4114日(金)までに運営事務局あてご連絡をお願いします。

なお、新型コロナウイルスの感染状況によっては、オンライン開催とすることがありますのでご承知おきください。

1 日時 令和4119() 1330分~15

2 場所 諏訪市文化センター第1集会室 諏訪市湖岸通り5丁目12-18

3 内容

・講演「SDGsと子どもの自然体験」 講師:信州大学特任教授 渡辺隆一氏

・話題提供「これからの授業で求められるもの~教えるから学ぶへ~」 講師:長野県教育委員会 学びの改革支援課

・意見交換 グループごとに意見交換

 

トピックス

子どもと自然学会2021年長野大会シンポジウム(Zoom開催)のご案内

  • 1127日(土) 130016:15 シンポジウムテーマ「SDGsと子どもの自然体験」 

 国連のSDGsが環境のみならず、あらゆる分野での課題として大きく関心を集め、ESDを掲げている学校教育などにも大きく反映しつつあります。そうした世情の中で、本学会の主要テーマである子どもの自然体験はどの様に扱われ、また、どのように活かすことができるのだろうか。以下の話題提供とコメントに基づき、議論を行います。


13
00 開会
13
10 ①SDGsの課題と子どもの自然体験(渡辺隆一:信州大学教育学部)+コメント(藤村哲:体験創庫かけはし)
*グローバルで社会的な課題であるSDGsと子どもの育ちを主眼とする自然体験は狙いがかなり異なるが、どのように関連するのか問題提起する。
13
45 野外活動体験におけるSDGs(中澤朋代:松本大学)+ コメント(加々美貴代:やまぼうし自然学校
*自然体験活動がどの様におこなわれ、どのような成果をあげているのか、などをSDGsとの関連から紹介する。
14
20 学校登山とSDGs(松場省吾:山岳ガイド協会やまたみ)+ コメント(桐原順子:元教員)
*長野県の学校登山の現状と課題を紹介し、登山体験の今後の活用をSDGsに関連して考える。
15
00休憩
15
15総合討論&総括
16
15閉会予定

参加は無料です。希望者は渡辺隆一@信州大学(090-7231-5153)までご連絡ください、

カテゴリー

アーカイブ