地域講座REGIONAL COURSE

開催スタイルから探す

SDGsから探す

  • 1 貧困をなくそう
  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 7 エネルギーをみんなに。そしてクリーンに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任、つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
  • SDG Wheel
地域講座
登録番号 R220012002

NPO法人才の木 トークカフェ「信州の森と暮らしが続いていくために、知っておきたいこと」

この講座は終了いたしました

  • 屋内
  • 屋外
  • 座学
  • 体験
  • ワークショップ
  • オンライン
  • その他
  • 子どもOK
  • 北信エリア
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう

 二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスは増加を続け、地球の平均気温は上昇の一途です。それに伴い、大雨や猛暑日などの極端現象が顕在化し、日々の安心・安全な生活が脅かされるようになりました。森林は二酸化炭素を吸収・固定して地球温暖化抑制に貢献し、雨水に対する天然のダムとなり、澄んだ空気や水を提供して、人々の生活を静かに支えてきました。一旦、森の中に足を踏み入れれば人は癒され、森林から提供される木材資源は生活を豊かにさせてくれます。信州には広大な森林がありますが、その多くは急峻で、近年多発する局所的な集中豪雨や大型台風の襲来に対し、適切な森林管理が求められています。

 気候が極端化していく中で、村や街で安心して暮らせる森づくりとは一体どのようなものでしょうか?ストレスの多い社会で、人は森林とどのように付き合って行けばいいのでしょうか?現代の抱える諸問題について、トークカフェにご参加の皆様と一緒に考えていけたら幸いです。

【プログラム】 

14:00  開会挨拶:NPO法人才の木・理事長 高部圭司

14:05  森と暮らしの関係性のリデザイン 講師:奥田悠史氏((株)やまとわ取締役/森林デザイナー)

14:25  森で楽しみ続ける 講師:荒山雄大氏、荒山あゆみ氏(荒山林業)

14:45  災害に強い森づくりとは? 講師:藏治光一郎氏(東京大学教授/才の木理事)

15:05  コーヒーブレイク

15:15  トークセッション

司会・コーディネーター:高部圭司(NPO法人才の木・理事長)

詳しくは、チラシをご覧ください。

このトークカフェは、「信州環境カレッジ協働講座」として開催します。

開催日時2022年10月23日(日)14時~16時
開催場所 FEAT Space 大門(長野市東町131番地 FEAT.ビル) 2階 イベントスペース & Zoom
主催者NPO法人才の木 協力:長野県
対象 高校生、大学生、一般
定員会場 25名
受講料無料 ただし事前登録が必要です。
申込期限 なし
申込方法
備考

申込方法:上記のURL又はチラシの二次元コードの「参加者フォーム」から申し込みください。

●会場で聴講をご希望の方は、「会場」クリックしてください。会場の定員は25名です。

●Zoomで聴講をご希望の方は、「Zoom」をクリックしてください。直接メールにてZoomURLをご案内申し上げます。

地域講座トップに戻る