開催レポートREPORT

開催レポート
登録番号 R190520201

第5回 きずなフォーラム

  • 2020年02月01日(土)開催 [参加者:88名]
  • 開催場所:塩尻総合文化センター 講堂
  • 地域講座
  • 自然との共生(生物多様性・自然環境の保全・自然体験等)

    基調講演では、長野県が策定している「生物多様性ながの県戦略」について、身近な事例による分かりやすい解説を行ないました。
 さらに、軽井沢の希少植物の保全団体が様々な希少種保護や外来種防除対策を行っている20年に及ぶ活動の歴史や活動の概要を報告しました。
 また、安曇野市でチョウの保護を行っている保全団体からは、地元で長年続けてきた昆虫少年の育成事業やチョウの保全活動について、楽しいエピソードを交えた報告がありました。
 その後のワークショップでは8班に分かれ、生物多様性の保全をめぐる現状に対しての「課題や問題点」を出し合って、理想的な「目標」や「解決方法」についての意見交換が行われました。

講師のプレゼンテーション(講演)

ワークショップ発表の様子

  • 講座名第5回 きずなフォーラム
  • 開催日時2020年02月01日(土)13時 ~ 16時30分
  • 開催場所塩尻総合文化センター 講堂
  • 主催者長野県・信州生物多様性ネットきずな
  • 講座料無料
  • 主催者からの
    コメント
    長野県が策定している「生物多様性ながの県戦略」は、普段の生活では意識することがありませんが、各地域で頑張って活動している保全団体があってこそ、この戦略が活きてきます。これからも、お互いの保護保全活動に関する情報交換をとおして“きずな”を深めていきましょう。

REPORT - 2020.02.20

開催レポートトップに戻る