開催レポートREPORT

開催レポート
登録番号 R19560101

ライチョウとの共存を目指して -山岳関係者にぜひ知っていただきたいこと-

  • 2019年04月06日(土)開催 [参加者:120名]
  • 開催場所:松本市中央公民館Mウイング
  • 地域講座
  • 自然との共生(生物多様性・自然環境の保全・自然体験等)

人を恐れない日本のライチョウと日本の歴史文化
ライチョウの生態と分布・温暖化の影響
乗鞍岳のライチョウの現状
北岳のケージ&テン対策プロジェクト
木曽駒ケ岳のメス1羽のライチョウをどうするのか
ヒナがメス親の盲腸糞を食べる理由
山岳関係者に期待すること

中村浩志先生の熱心な講演

講座に集中する定員の2倍の参加者

  • 講座名ライチョウとの共存を目指して -山岳関係者にぜひ知っていただきたいこと-
  • 開催日時2019年04月06日(土)13 時 30分~ 15 時 30分
  • 開催場所松本市中央公民館Mウイング
  • 主催者認定NPO法人 信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ
  • 講座料500円
  • 主催者からの
    コメント
    ライチョウ対策の本年度の経過等について中村先生の講座を計画しますので、ご期待ください。 次回は「百万人の山と自然-安全登山を考える-」公開講座を6月11日にMウイングで予定しています。自然体験と環境保全の観点から次世代の登山を考えます。

REPORT - 2019.04.22

開催レポートトップに戻る