開催レポートREPORT

開催レポート
登録番号 R18020202

山と自然のサイエンスカフェ@信州 「信州の自然の恵みとしての食文化をさぐる」

  • 2018年10月30日(火)開催 [参加者:45名]
  • 開催場所:ステーションビルMIDORI長野 3階 りんごのひろば(長野市南千歳)
  • 地域講座
  • 自然との共生(生物多様性・自然環境の保全・自然体験等)
  • 暮らし・まちづくり(食、コンパクトシティ、交通等)

信州各地の野生生物を利用した行事食や昆虫食等について語り合いました。信州の伝統的な食文化における食材の多様さに皆さん驚かれていました。里山保全との関わり、サステナブルな利用、世界的な昆虫食への関心の高まり、そしてそれぞれの課題などについて、活発な意見交換が行われました。

当日の会場の様子

ザザムシ

  • 講座名山と自然のサイエンスカフェ@信州 「信州の自然の恵みとしての食文化をさぐる」
  • 開催日時2018年10月30日(火)18時~19時30分
  • 開催場所ステーションビルMIDORI長野 3階 りんごのひろば(長野市南千歳)
  • 主催者長野県環境保全研究所
  • 講座対象者小学生、中学生、高校生、大学生、一般、親子、その他
  • 講座料無料
  • 主催者からの
    コメント
    たくさんの方のご参加、活発な意見交換をありがとうございました。 次回(11月30日(金)午後6時から7時半まで)は、同じ会場で「古民家は何の木でつくられているか?」と題し信州大学教育学部の井田秀行准教授にお話し頂きます。是非ご参加下さい。

REPORT - 2018.11.08

開催レポートトップに戻る