開催レポートREPORT

開催レポート
登録番号 R200020102

山と自然のサイエンスカフェ@信州「気候非常事態と長野県の森林」

  • 2021年02月20日(土)開催 [参加者:30名]
  • 開催場所:オンライン開催
  • 地域講座
  • 脱炭素(再生可能エネルギー・気候変動等)

今回は、第1章「長野県の気候とその変化」、第2章「気候非常事態と対策」、第3章「森林の気候変動応答」、の3章構成で話が展開した。第1章では気候そのものの支配因子から長野県の気候変化の実態や予測に至るまでを解説した。第2章では気候変動の影響にはじまり気候非常事態宣言や温室効果ガスの排出量、長野県の緩和策・適応策に至るまでを解説した。第3章ではカラマツの炭素収支の将来変化やアカマツの松枯れリスク、ブナの潜在的生育適域の研究結果を紹介して、緩和策に資する森林の気候変動応答や適応策として重要な森林管理の必要性を解説した。各章の説明が終わるたびに質問を受けて、多くの質問をいただいた。オンライン開催だったので県外からの参加者も数名いた。

  • 講座名山と自然のサイエンスカフェ@信州「気候非常事態と長野県の森林」
  • 開催日時2021年02月20日(土)13時30分~14時30分
  • 開催場所オンライン開催
  • 主催者長野県環境保全研究所
  • 講座料無料
  • 主催者からの
    コメント
    今回はオンライン開催ということで、伝わりにくい部分もあったかも知れませんが、またご参加をお願いします。 長野県の気候変動についてもっと詳しく知りたい方は、講座の中でも紹介した下記のホームページをご覧ください。 ●信州ゼロカーボンWeb講座:https://shinshu-ecollege.pref.nagano.lg.jp/zerocarbon/ ●信州気候変動適応センター:https://lccac-shinshu.org/

REPORT - 2021.03.09

開催レポートトップに戻る