開催レポートREPORT

開催レポート
登録番号 S200930101

ゲーム感覚で自然に触れよう! 宝探し探検隊

  • 2020年10月30日(金)開催 [参加者:30名]
  • 開催場所:大町市 平 上原 上原温水路周辺(通称わっぱらんど)
  • 学校講座
  • 自然との共生(生物多様性・自然環境の保全・自然体験等)

1班7~8人で4つの班に分かれ、ガイドと一緒に森を探検しながら、動物が食べそうなものを、牛乳パックの宝箱に集めた。定番のクリ、クルミ、キノコ類、どんぐり類のほか、地ねずみ、オオスズメバチ、さるのうんち、ほこりだけ、いばらの実、クマ棚などを見つけることができ、ガイドは森の生態系や食物連鎖に触れながら解説をした。45分後に再集合し、それぞれが見つけたものを発表しあった。その後「どんぐりとねずみ」の紙芝居をして、ねずみはどんぐりを食べるだけでなく、どんぐりの木を広げる役割があるという共生の話をした。自由時間には木の実を使ったクラフト体験等を用意した。

 何を見つけたか観察する子供たちとガイド

 探検に出発!

  • 講座名ゲーム感覚で自然に触れよう! 宝探し探検隊
  • 開催日時2020年10月30日(金)午前9時00分~午前11時10分
  • 開催場所大町市 平 上原 上原温水路周辺(通称わっぱらんど)
  • 学校名大町市立大町北小学校1学年
  • 主催者特定非営利活動法人 ぐるったネットワーク大町
  • 講座料無料
  • 主催者からの
    コメント
    夏の水生生物観察に続き、秋の宝探しでもわっぱらんどに来てくれました。季節の違いを感じられたかな。 冬は「ぬるめ」の水が止まり、一面雪に覆われます。そうしたら、雪上運動会ができるので、また冬のわっぱらんどにも遊びに来てください。

REPORT - 2020.11.24

開催レポートトップに戻る