開催レポートREPORT

開催レポート
登録番号 R200690102

野生ホタルの保全のための活動家養成講座2

  • 2020年07月19日(日)開催 [参加者:21名]
  • 開催場所:松本市城北公民館および大門沢川
  • 地域講座
  • 自然との共生(生物多様性・自然環境の保全・自然体験等)

午後2時より城北公民館にて「「ホタルの生態と、ホタルも棲めるよい自然」と題する講演を行った後、コメンテーターの発言質疑を行った。その後、午後4時より、大門沢川のホタル生息地を見学しながら何故、街中を流れる互換工事をした川なのに野生のホタルが生息できるかを川の地形、植物の分布などを基に説明し、生息場所の紹介を行った。見学の行程は、城北公民館から周辺のホタル生息地を経て、大門沢側に入り、中央図書館までであった。午後4時半、現地解散とした。

講演状況

講演を聞く子供たちを含む受講者

  • 講座名野生ホタルの保全のための活動家養成講座2
  • 開催日時2020年07月19日(日) 14時00分~16時30分
  • 開催場所松本市城北公民館および大門沢川
  • 主催者松本ホタル学会
  • 講座料無料
  • 主催者からの
    コメント
    この講座には小学生上級生から城北公民館内の地区、および蟻ケ崎地区からホタルの生息に関心を持つ区民が参加して下さり新型コロナのこの状況下にしては予想以上の人が参加して下さいました。そして、多くの質問が出され、生息地復活に向けて活発な議論が行われました。地区民のホタルへの関心の高さが分かり、楽しい会でした。コロナ対策のためにマスク着用参加者同士の距離を開けるようには努めました。

REPORT - 2020.08.17

開催レポートトップに戻る